グラウンドで走るペンギン

「ハンバーグ」のこと好き?嫌い?いろいろ思いがあるかもわかんないけど、必ずしも悪いものではないよね、「ビール」。そう思わない?
トップページ >
ページの先頭へ

風の強い週末の昼にゆっくりと

知佳ちゃんが、マンションのベランダにて、ミニトマトを育てている。
実ったらミネストローネを作る予定だという。
実は、まめに水分をあげないし、ベランダにてタバコをふかすので、ミニトマトの周りの空気は全然良い環境ではない。
1日、水も肥料も与えていないと言う時の、トマトの姿は、葉っぱがしょぼんとしていて、まるでしゅんとしているシルエットに見える。
気の毒だったので、水をたくさんあたえると、あくる日の明け方のトマトは陽気に復活していた。

無我夢中で泳ぐ弟と濡れたTシャツ
いつも、EくんからのE−MAILの話は、何を伝えたいのか全然理解できない。
お酒が入ってても素面でもよくいまいちだ。
しかし、Eくんが仕事の一環で作成したという、会社の商品と募金に関しての紹介文を見せてもらった。
まともな文章を書いてる!と驚いてしまった。

一生懸命踊る友達と冷めた夕飯

セミももう鳴いていない夏の夜。
少年は縁側に座って、西瓜を食べていた。
スイカをかじってはタネを外に向けて吐いていると、ときにはタネが遠くまで飛ばず、自分の服に落ちたりしていた。
隣に置いた蚊取り線香の匂いと、風の吹かない蒸し返す夜、それと西瓜の味。
少年はそれぞれを堪能しつつ、この夏これからどんなことして遊ぼうかな、と考えていた。

怒ってダンスする兄さんと電子レンジ
頼みこまれて、たくさん生えている竹の伐採を支援してのだけれど、大きく重い竹がたいそううじゃうじゃ生えていて厳しかった。
竹林の持ち主が山の管理を父親から継承して、大きな竹がかたまり生えていて、伐採しても運び出しづらかったらしい。
私たちは、業務で用いるモウソウダケが手に入れたかったので、もらえるとなり、タイミングが良かったが、道もない山から運び出すのも苦しかった。

一生懸命熱弁する家族と霧

毎年、梅雨の時期がなぜか好きだ。
空気はじめじめしているし、外に出れば濡れてしまうけれど。
その訳は、子どもの頃、雨の日に咲いていた紫陽花が美しく、以来あじさいが咲くのを楽しみにしている。
出島で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧のあじさいデート秘話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れ込んで日本へやってきた、ドイツ人のシーボルトが、アジサイを見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言ったそうだ。
雨に打たれながら美しく咲く紫陽花を見て何度も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
そのうち訛ってしまい紫陽花はおた草と異名を持つようになったという。

汗をたらして踊る先生と私
ここ最近、わが子が運動場で遊びたがらない。
日差しが強いからだろうか、室内でお気に入りがものすごくもらってふえたからか。
ある程度前までは、とっても外に遊びに行きたがっていたのに、最近は、ほんの少しでも遊びに行きたがらない。
まあ、男親だと、何も困ることもないので、気にしてはいないが、けれども家内は少しは気にしている。
けれど、暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

どしゃ降りの週末の夜にビールを

実はお肉があまり食べられないので、おかずはどうしても魚介類中心になってくる。
なので、真夏の、土用丑の日は、結構行事だ。
関東でウナギを開くときには、背開きという風習が現在も続いている。
何故か説明すれば、古くから武家社会なので、腹開きといえば切腹に通じてしまい縁起が悪いため。
一方で、西で開かれるうなぎには、腹開きの場合が普通。
それは、西の方は商人色の強い場所なのでお互いに腹を割りましょうという事につながるから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、状況によってはタブーの場合も。
それは、西の方は商人色の強い場所なのでお互いに腹を割りましょうという事につながるから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、状況によってはタブーの場合も。
上の話は、旅行会社で働いていた時に、よく、お客様に話していたお話です。
渋谷駅からスタートして、静岡県の浜名湖や沼津や三島へうなぎを食べに行こうという内容。

雲が多い土曜の夕暮れに食事を
雑誌を見ていたり、街を歩いていると、美人だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、正統派の美しさとは言えなくても、魅力があったりオーラがあったり。
それぞれの雰囲気は、本人の今までの積み重ねかもしれない。
とても重要だと思う。
最近注目しているのが歌手の西野カナだ。
うたばんを見て初めてインタビューを受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と見ずにいられない。
童顔に、スタイルも丁度いい感じ、淡い色が凄く似合う印象。
喋り方がおっとりしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
CDは割と聞くけれど、これを見てからそれ以上にファンになった。

よく晴れた火曜の夕暮れはビールを

5年前から、南九州に住むようになって台風の直撃をたいそう気にするようになった。
強風が全然違うからだ。
佐賀に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるが、しかし、台風の風が全然違う。
サッカーのゴールポストが転がっていくと話を聞いた時は、大げさだと思ったが、本当だった。
超大型台風が通った後は、ヤシや大きな木は道路に倒れ、海沿いの道路は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海近くの家や旅館では、車のガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、天井が飛んだりと本当かと考えていたようなことを見た。
真上を通らずにかすめていくだけでも風は大変強く、古い民家にいると家のきしむ音がめちゃめちゃ心配してしまう。

暑い月曜の昼は焼酎を
此の程、テレビで、マクドナルドのチキンナゲットの味を味わえるレシピといって流していた。
すごくうまそうだと感じて、嫁に調理してもらったが、マクドのナゲットの味では残念ながらないけれど味わい深かったですね。
なんというか衣がちょっと違ったけれど、中は、同じチキンだから、私程度では、わずかの違いはわからなくてすごくうまかったです。

カテゴリ

カテゴリ

Copyright (c) 2015 グラウンドで走るペンギン All rights reserved.