奈良市 任意整理 弁護士 司法書士

お金や借金の相談を奈良市在住の方がするならコチラ!

借金の利子が高い

借金が増えすぎて返済が苦しい…。
債務整理して、借金の苦痛から解き放たれたい…。
もしそう思うなら、すぐに弁護士・司法書士に相談を。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、月々の返済額が減ったり、督促がSTOPしたり、等というさまざまな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談できる法律事務所・法務事務所も数多くあります。
ここではそれらの中で、奈良市に対応している、オススメの所を厳選して紹介しています。
また、奈良市の地元にある他の法律事務所・法務事務所もいくつか載せているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、1人だけではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知識・知恵を借り、最善策を見つけましょう!

奈良市の方が借金・任意整理の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の借金返済問題の相談なら、コチラがお勧め。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払いは、分割払いもOKです。
相談料はもちろん0円!
借金の取り立てをSTOPすることもできます。
自己破産、個人再生、過払い金、任意整理、など、借金・債務のことを無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付できるので、お金に悩んでいる人も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、過払いや借金の問題を相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリのやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切支払わなくてよいため、安く解決することができます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので奈良市に住んでいる人も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、一歩を踏み出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



奈良市近くの他の法律事務所・法務事務所を紹介

奈良市には他にも弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

奈良市にある地元の司法書士や弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務、奈良市に住んでいて問題が膨らんだのはなぜ

複数の金融業者や人から借金した状態を「多重債務」といいます。
こっちでもあっちでもお金を借りて、返済先も借金の額も増えた状況です。
キャッシング会社で限界まで借りたので、次は別の消費者金融でお金を借りる。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードを複数持ったり。
多重債務の状態にまでなったなら、だいたいはもう借金の返済が難しい状態になってしまいます。
もはや、とてもじゃないけど借金が返せない、という状態です。
ついでに金利も高い。
どうしようもない、手詰まりだ、と思ったら、法務事務所や法律事務所に相談するのが一番です。
司法書士や弁護士に相談し、今の状況を説明し、解決策を考えてもらうのです。
借金問題は、弁護士・司法書士知識を頼るのが最善ではないでしょうか。

奈良市/借金の減額請求って?|任意整理

多重債務などで、借入れの返済が滞った状態に陥った場合に効果のある進め方の1つが、任意整理です。
現状の借金の状況を再度把握し、過去に金利の支払いすぎなどがある場合、それらを請求する、または現在の借入とプラマイゼロにし、更に現在の借入に関してこれから先の利子を縮減していただけるようにお願いするやり方です。
只、借入れしていた元金に関しては、きっちり返済をする事が基礎になり、利子が減った分、前よりもっと短い時間での返済が条件となります。
ただ、金利を返さなくていいかわり、月々の返金金額は縮減するので、負担は減少するというのが一般的です。
只、借り入れしてる金融業者がこの今後の利子においての減額請求に応じてくれない時、任意整理はきっとできません。
弁護士さんなどその分野に詳しい人に相談したら、間違いなく減額請求が通ると思う方も多数いるかもわからないが、対処は業者によりいろいろで、応じない業者というのもあるのです。
ただ、減額請求に応じてくれない業者はものすごく少ないです。
ですから、現に任意整理をして、クレジット会社などの金融業者に減額請求を実施する事で、借金の苦痛が随分減ると言う方は少なくありません。
実際に任意整理ができるかどうか、どの位、借り入れ返済が軽減するか等は、先ず弁護士の先生に依頼してみると言うことがお薦めです。

奈良市|個人再生の手続きは、弁護士がいい?司法書士がいい?/任意整理

個人再生を行うときには、司法書士又は弁護士に依頼をすることが出来ます。
まず、司法書士に個人再生の手続きをお願いした場合、書類作成代理人として手続きを代わりにやってもらう事ができます。
手続きを実行する場合に、専門的な書類を作成してから裁判所に提出する事になるのですが、この手続きを全部任せることが可能ですから、複雑な手続きを行う必要がないのです。
但し、司法書士の場合は、手続の代行をおこなうことはできるのですけど、代理人では無い為に裁判所に出向いた際には本人の代わりに裁判官に受け答えをする事が出来ません。
手続をしていく上で、裁判官からの質問を投げかけられる時、御自分で答えていかなきゃなりません。なりません。一方弁護士の場合は、書類の代行手続だけでなくて、裁判所に行った場合に本人に代わり受答えを行っていただくことができるのです。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続に慣れている情況になりますから、質問にも適切に返答することができるので手続きがスムーズに実施できる様になってきます。
司法書士でも手続きを行う事はできるが、個人再生においては面倒を感じること無く手続を実施したい際に、弁護士に任せる方が安堵する事が出来るでしょう。